収入証明書がない無職でも利用できるカードローンは存在する?

カードローンは「安定収入」を融資の最大条件としています。

なぜ無職で借りられないかというと、理由は単純で返済ができないからです。

以前ならば、「無職でも借りられます」というローンがあったのですが、この場合も配偶者に年収がある、もしくは「無職だけど収入があると虚偽の記載をする」という裏技的な方法で借りていたのが現状でした。

現在はこのような方法では借りるのが難しくなっているため、無職で借りられる業者を探すという行為はおすすめしません。
ヤミ金とアクセスしてしまえば、電話やメールでしつこく勧誘されることになります。
いずれにしても、「無職でも貸します」という文句は信じないほうがいいでしょう。

年金に関しては、本来は安定収入に該当するのですが、金融機関によって解釈が異なるのが現状です。
安定収入とみなしてくれる金融機関であれば、無職でも借りられる可能性はあります。
ただ、給与所得と比べると評価は下がってしまいますので、高額融資は期待しないようにしましょう。
不動産担保ローンに関しては、価値のある不動産を有することで本人に収入がなくても借りられるケースがありますが、これはカードローンには該当しません。

収入証明書がない無職でも利用できるカードローンは存在する?7
無担保・保証人なしで借りられるローン全般は、本人への信用を第一に考慮します。

つまり、安定収入があることが一番の借入条件というわけです。
学生の場合は、親の同意を得ることで無収入でも借りられるケースがあります。
ただ、原則としては学生ローンも一般的なローンと大差のない内容となっており、金利面ではほとんど違いは見られません。

以前は学生ローンは低金利で借りやすかったのですが、一般のローンの金利が大幅に引き下げられたことで、両者の差はほとんどなくなりました。
借入額に関しては最大で50万円程度と少なくなっておりますが、アルバイトで返済できる範囲内と考えれば妥当な枠でしょう。

カードローンの利用年齢は、原則として20歳からとなっています。
18歳から仕事に従事する方も多いですが、20歳未満ですと未成年としての扱いになります。
そのため、自己責任を取れる年齢である20歳になるまでは、カードローンの利用は付加とされているのです。

この場合も、親の同意があれば借りられるケースはありますが、学生ローンの場合と同様に限度枠の上限は50万円程度に設定されることが多いです。
ちなみに、安定収入という解釈は金融機関によって異なっております。

収入証明書がない無職でも利用できるカードローンは存在する?4

まとまった月収が継続的にあること、年収150万円以上、年収400万円以上、定職(パート・アルバイトを含む)に就いていることなど、条件には違いが見られます。
これらの条件については、ホームページ上に記載しているとは限りませんので、審査条件で安定収入とみなされるかどうかは、審査結果を見ないと分かりません。
ただ、業者のホームページ内で簡易的な審査を受けられる場合、ここで融資可能であるかどうかの判断が行えます。

ここでの結果は絶対ではありませんが、借り入れ可能と判断されれば、実際の審査でも融資を受けられる可能性が高いでしょう。

どんなポイントでカードローン会社を選べばいい?

いま、カードローンを扱っている金融会社はたくさんあります。

テレビCMでも新聞や雑誌の広告でも見かけない日がないくらいです。

メジャーなところからマイナーなところまで、日本全国でどれだけの金融会社がカードローンを扱っているんだろうと思うくらいです。
こんなにたくさんあっては、どこの金融会社のものを選べばいいのか迷ってしまいます。

そんな時は、どんなポイントから比べればいいのでしょう。

私は3つほど大切なポイントがあるんじゃないかと思います。

収入証明書がない無職でも利用できるカードローンは存在する?444

一番最初に考えるのが限度枠です。

利用する時にここまでの金額なら借りられますよというのが限度枠です。

自分が借りたい金額より、この限度枠が少なければ申込んでも希望の金額を借りることはできません。

限度枠ならどこの金額会社でも、ホームページをチェックすれば確認できるじゃないかと思われるかもしれません。

ところが、そんなに簡単ではないんです。

なぜなら、総量規制というものが2010年に施行されたからなんです。

この総量規制のせいで、年収の3分の1以上は借りられないことになっています。

つまり、年収600万円だとしたら、いくら金融会社が限度枠は500万円だと提示していたとしても、年収600万円なら借りられるのは200万円までです。

他で借入していればもっと少なくなります。

なので、金融会社のホームページに掲載されていたとしても、その通りの限度枠が借りられるかというとそうではないんです。

銀行系の場合なら、総量規制の対象外なので限度枠まで借りられる可能性があります。

収入証明書がない無職でも利用できるカードローンは存在する?222

これは大きな違いだと思いませんか?それから、気になるのが金利です。

カードローンの金利を比較する場合、最低金利ではなく最高金利を比較しましょう。

なぜなら、最低金利は限度枠いっぱいに借りた場合に適用される金利だからです。

少額だけ借りる場合は最高金利が適用されます。

ところで、お金を借りる場合、少額だけ借りたいというケースのほうが圧倒的に多いんです。

だから、最低金利ではなく最高金利をチェックしたいほうがいいんです。

自分が借りたらどの金利になるかは絶対チェックしたほうがいいですよ。

それから、気になるのが会社の知名度です。

他の商品の場合、知名度を上げるためにお金をバンバン使っている会社の商品は、その宣伝費が上乗せされているからあまりよくないということを聞くことがあります。

収入証明書がない無職でも利用できるカードローンは存在する?111
ですが、カードローンの場合は、金融会社がイメージアップするために宣伝を行っているんです。

その金融会社がせっかく上げたイメージを落とすようなことは決してしません。

トラブルの多くがマイナーな金融会社で起こっているのは、あながち偶然ではないんです。

だから、大手で知名度の高い金融会社で借りた方が安心なんですよ。

最近は、大手のどの金融会社もバックにも銀行がいたりするので、イメージダウンはバックにいる銀行にも影響してしまいます。

だから、知名度の大手のほうが安心して借りられるというわけです。

カードローンの種類

最近では、テレビコマーシャルなどでも「カードローン」という言葉を多く見かけるようになりました。

1990年代には、消費者金融のテレビコマーシャルが、ゴールデンタイムにまで放送されて、かなりの勢いを感じさせるものでした。

しかし、総量規制や過払い金の返還請求などによって、今では大分淘汰されてきております。

逆に言うと、そのような状況でも残っている現在の消費者金融は、かなり優秀ということがいえますね。

そんなカードのローンですが、大きく分けて3つに分けられます。

まずは、銀行の、もしくは銀行系のカードローンです。

銀行系は、すでに口座を作ってて、公共料金の書払い履歴など、その人の住所や給料等がわかるので比較的作りやすいと言えるでしょう。
これは他サイトですが・・・

その当時は、所得も低かったので、利用限度額30万円までで、ユニークだったのは、クレジットカードの引き落としとか、公共料金引き落とし時に普通預金口座の残高が足りなかったら、足りない分だけ自動融資されるというものです。

参照(銀行の預金残高連動型の即日 カードローンのすすめ)

このように普段使ってる口座の銀行であれば借りやすいという事が言えます。

また、銀行も銀行系も、どちらも一緒ではないかと思いがちですが、実は違います。

それは、総量規制の対象となるかならないかです。

総量規制の対象となるのは「銀行系」、一方総量規制の対象とならないのは「銀行」です。

「銀行」の場合には、銀行が直接運営しているローン、もしくは銀行が子会社化している消費者金融ということになります。

一方、「銀行系」の場合には、銀行と提携関係などは結んでおりますが、基本的には独立した消費者金融という扱いになります。

消費者金融は、総量規制の対象となっておりますので、年収の3分の1を越える貸付をすることはできません。

333

次は、信販系のカードローンです。

信販会社というのは、よく車の購入をしたりするとき、ローン契約をしたりしますよね。
そのときローン契約をするのは、車の販売店ではなく、信販会社なのです。

車のメーカー系列の信販会社というのもあり、そういったところでは金利が優遇されたりします。

信販会社を多く見かけるシーンとしてあと挙げられるのが、クレジットカード。

国際クレジットカードブランドと並列するように、国内のクレジットカードの会社があります。

この国内のクレジットカード会社には、流通系なども最近では増えてきましたが、信販会社は一大勢力です。

信販会社の発行するクレジットカードでキャッシングすれば、それは立派なカードのローンということになります。

収入証明書がない無職でも利用できるカードローンは存在する?8

そして、消費者金融のカードのローンです。

とはいえ、消費者金融の場合、カードローンとは言わず、「キャッシング」という言葉を使うケースが多くなっております。

ローンという言葉を使うと、借金というイメージが大きく、あまり借りてもらえないからです。

その点キャッシングであれば、銀行のキャッシュカードの延長のようなイメージをもたれて、比較的利用されやすくなります。

消費者金融系の場合、そのメリットは審査が比較的通過しやすいということです。

銀行や信販会社では通らなかった審査も、消費者金融ならば通った、という話は一つや二つではありません。

また、顧客サービスにもっとも真剣なのが、消費者金融です。

利用できる提携ATMを拡大させたり、インターネットによる申し込みなどができるように、インフラ整備などをすることによって、何とか新規顧客を獲得しようとしております。

主婦でも借りられるカードローン

パートに出ているけど時給が低かったり働きに出られる日数が少ない主婦や、副業程度でしか収入がない(月2万円ほど)、専業主婦でまったく収入がない人にとって大事な時にお金用意できないと困ってしまいますよね。
ですが女性専用のカードローンがあり、収入のない主婦でも融資してもらうことができます。
ですがお金を借りるときは「総量規制」が必ずもうけられていて、住宅や自動車ローンは別になりますが収入がある人にしかキャッシング会社はお金を貸す事ができません。
そこで主婦特有のメリットなのが夫の収入で算出することが出来るということです。
夫に定期的な収入があり、その証明書と結婚をしているという事実確認をするために戸籍のコピーをもっていくと、それが証明され融資をうけられます。
年収が200万円なら65万円最大で借り入れすることができますし、400万円の収入があれば130万円が上限金額になります。
ここで疑問なのが夫に内緒でお金を借りる事ができるのか?という点です。
原則として夫の収入を目安にして貸してもらえるのですから、内緒で借りることはできません。
ちゃんと同意書にサインをしてもらいしっかりとした手続きをふまないとキャッシング会社も審査を通すわけにはいかないのです。
ではパートに出ている人にはどの様な融資額になるのかというと、夫の収入+パートに出ている収入の三分の一が融資の上限となります。
それほど大きな買い物をするという事でない限りは、レディース専用ローンを設定している会社なら審査は下りますので安心してください。
ですがここで例外なのが夫に安定した収入がないという場合です。
これはいわゆる信用貸しということになりますので、安定した収入がない=返済能力はゼロとみなされどの会社でも貸してもらうことが難しいでしょう。
女性はどうしても借金をするということに不安を感じてしまいますが、女性専用なら話を聞いてくれる窓口は皆さん女性です。
また外から見えないような配慮もされているので、女性であっても利用しやすくなっています。
手続きをしっかりとして提出する書類もすべて出しおえたら、後はお金が入金されるだけです。
この時に確認しておいて欲しいのが主婦や女性専用だからといって、金利がゆるいと思ったらそうではありません。
金利はその会社が設定しているカードローン金利と何らかわりがありませんので、早期で返すことが出来ない場合は金利の返済額が膨らみます。
初めてお金を借りるという方は金利が低い銀行で融資をお願いするのが一番かもしれませんが、今すぐ借りたい人にはおすすめできません。
やはり審査基準がとても厳しいことがありますので、すぐに融資されるわけではないので注意が必要です。
カードローンはとても便利な存在で上限金額の範囲でしたらいつでもお金を借りることができ、またコンビニでも引きおろすことができるのでとても便利です。
また返済も近くのコンビニでOKなところが多いので、返済忘れも防ぐ事ができますね。

使い勝手の良い信販系のカードローン

みなさんはカードローンを利用していますか?
以前は私も利用していたんですが、総量規制であまり借りられなくなってから利用していないんです。
利用できないとそれなりに済んでしまいますが、やはりいざという時お金がこれだけ借りられると思うと、それだけで安心感というか大丈夫だっていう気持ちがします。
最近はいろいろな企業がローンを扱っていますが、そのなかでいぶし銀の魅力を放っているのが信販系のローンです。
今はほとんどの方がクレジットカードを持っていると思いますが、その同じクレジットカード会社が提供しているものです。
テレビCMでよく見かけるのは消費者金融系などですが、どうしてどうして信販系のローンも便利なものです。

知らない方が多いかもしれませんが、信販系のカードローンというのは最低金利が低く設定されているんです。
しかも、いつも使っているクレジットカード会社が提供しているので、申込みやすいというメリットもあります。
消費者金融系や銀行系は、初めてだとかなり敷居が高い気がしませんか?

その点、いつもつかっているクレジットカード会社なら、そんな敷居の高さを感じずに済みます。
こうした信販会社でローンを利用すれば安心のはずです。
それに、信販系はクレジットカードで培ったノウハウがあるのか、海外とのネットワークもバッチリなところが多いのも魅力です。
海外旅行した時に、旅行先の銀行で現地のお金が引き出せたりするのは便利です。
海外旅行をした時に、手持ちのお金がなくなることほど不安なことはありません。

かといって多額の現金を持ち歩くこともできませんし、こういうサービスがあると本当に安心できます。
それに、審査に通りやすいというのもうれしいです。
消費者金融系の審査がゆるく、銀行系の審査が厳しいというのは誰でも知っていることです。
信販系もどちらかというと審査が厳しいほうだと思いますが、なんと店頭で申込むとすぐに作れることもあるんです。
あるデパートに行った時に、そこで新規カード会員を募集していたんです。

ダメもとで申込んでみたらすぐにカードができたのにはびっくりでした。
銀行系に申込んでダメだった方も、信販系なら大丈夫なこともあります。
私みたいにダメもとで申込んだらOKだったということもありますから、一度申込んでみるといいと思います。

それに気になる金利も、信販系が一番有利なことがあるんです。
最高金利は銀行系に譲るとして、最低金利が銀行系より低いところもあるんです。
きっと銀行系や消費者金融系との差別化をしようということじゃないんでしょうか。
銀行系より敷居が低く、さらに金利も低いこともある信販系のローンは、もしかしたら一番使い勝手の良いローンなんじゃないかと思います。

総量規制で借りられなくなってから使っていませんでしたが、最近キャッシング枠がなぜか復活したので、今度信販系のカードローンに申込んでみようと思っています。

やはりいざという時お金が借りられるという安心感は、他に変えがたいものがあります。

お得で安心・安全なカードローン会社の見つけ方

特に若い世代を中心にカードローンを利用している方が増えていますよね。
有人の店舗などに行かなくても金融会社が設置した無人店舗や、インターネットを利用して簡単に申し込み手続きが行えるので、気軽に利用出来るのが多くの方に受けているのでしょうね。
しかも最近のカードローンはイメージアップが著しいですよね!
どうしてもネガティブなイメージをお持ちの方が多かったですし、いまでもこうした先入観をお持ちの方がいるでしょうが、今や銀行が融資業に参画しているおかげで、暗いイメージや恐怖心を持つことが不要になりました。
こうしたローンを取り扱う業者は、消費者金融系、信販系、銀行系そしてIT系があるのですが、それぞれに長所があるのでこれから利用しようとする方の職業形態、収入などに応じて利用して行けばよいのです。

多くの人にとってとても気になることは審査基準でしょう。
やはり厳しいよりも甘い方が良いですので、審査に対して心配の方は甘めの業者を知りたいですよね。
さらに大事なのは金利です。
やはりお金を借りる以上は利息払いが必要となりますので、出来るだけ金利が安い会社を選びたくなるのは当たり前のことです。
1%でも0.1%でもとにかく安い方が経済的な負担は減りますし、ましてや利用期間が長期になればさらに利息がかさみますので、低金利の業者を選びたくなるのは当然のことなのです。
審査基準に関する情報や金利に関する情報は、それぞれの金融業者のホームページにアクセスすると直ぐに分かるのですが、いまや取り扱い業者の数は多いので1つずつ調べていくのは、とても面倒ですし時間もかかります。

ですので口コミ情報なんかを参考に、自分にとって都合の良い業者を絞り込んでも良いですし、カードローンの一括比較サイトを利用するとあっという間に、自分の希望に見合った金融業者を探し出すことが出来るでしょう。

こうしたサイトは口コミ情報に基づいてランキングされていたり、金利の低さ順にランキングされていたり、融資限度額の高さ順にランキングされていますので一目瞭然なのです。
たとえば各項目の上位から3位〜5位程度までを着目して、それぞれのホームページにアクセスして内容を比較検討して、最終的に申し込み手続きを行う業者を探し出しても良いですし、あくまでもトップの業者に着目して申し込みを行っても良いでしょう。

こうした比較サイトを利用する強みは、こうしたサイトに登録されている業者は安心・安全の業者しか登録されていないので、サイトを通じて利用する分にはまず間違いなく、金融業者との間でトラブルが起こることがないのです。

これが何も利用しないで街中に溢れている情報のみに着目していると、ヤミ金融に捕まってしまう恐れもあるのです。
電柱や電話ボックスに貼られた低金利のローンに引かれて契約を結んでしまうと、実はヤミ金融だったと言うことが結構あるのです。
やはりお金を借りる訳ですからサイトを通じて安心・安全の金融業者を利用する事が、とても大事ではないでしょうか。

カードローンを利用したら家計簿をつけよう

カードローンを利用したら、ぜひ家計簿もつけるようにしたいものです。
家計簿をつけるとお金の出入りが分かるので、無駄使いをしなくなるのです。
自分がどのようなときに消費するのか把握すれば、無駄な部分から改善していけば節約が可能となります。
ちまたには無数の節約法がありますが、なかにはストレスが溜まってしまうので現実的ではないものも多いのです。
労力ばかり費やすわりに効果が出ない節約法では続きませんから、それほど苦労せずに効果が出る節約法を実践するべきです。
効果が出ることでやる気も向上しますので、節約する楽しさも分かってきます。
節約の楽しさを実感できるのは貯金できたときです。
お金を貯めるという目標を達成することでモチベーションが高まり、さらに効率的に節約しようとするはずです。
すると、無駄なものにお金を使わなくなり、本当に必要なものだけにお金を出すようになるため、確実に出費は減るでしょう。
カードローンを利用すると、毎月の出費が増えるのは間違いありません。
ローンの返済分が出費となりますので、返済分以上の金額を節約して捻出する必要があるわけです。
お金がなくてローンを利用する方の家計を見てみると、ほとんどの方に見直しの余地があるのです。
本人は徹底して節約しているつもりでも、プロのFP(ファイナンシャルプランナー)から見ると、無駄が多いなんてことは少なくありません。
節約生活を身につけたいなら、いちどFPに相談してみるといいでしょう。
カードローンの利用中は、ずっと家計簿をつけるようにしてください。
無駄な出費をなくすことで、毎月の返済に回せる金額が大きくなり、短期間での完済が期待できます。
正規の返済額に1,000円プラスするだけでも、明らかに元金の減りが早くなるのを実感できます。
カードを使用するカードローンは、ATM返済が可能なので多めに返済するのは何ら問題はありません。
毎月1万円のところ、3万円返済しても問題ないのです。
もちろん、返済した分の元金は減りますので、確実に返済期間は短くなります。
家計簿をつけていると、何年でローンを完済できるのか把握できるようになります。
当初は3年完済で契約しても、追加融資・借入をしているうちに計算は合わなくなってきます。
家計簿をつけておけば、そのつど再計算をしますから、完済までにかかる期間も把握できるでしょう。
現在の自分の経済状況を知るために家計簿は必須です。
「毎月の出費」を正確に知っておけば、赤字にならないための改善方法も見いだせます。
毎月の家計が2万円の赤字ならば、節約して2万円分を浮かせるか、アルバイトなどの副業で収入を増やすしかありません。
家計簿をつけないと、赤字になっていても即座に気づくことが難しく、家計を立て直すのに多くの時間を要することになります。
家計簿をつけるのが苦手という方は、レシートを確保しておきましょう。
これだけで自身の消費傾向が分かりますから、節約するポイントも把握できます。

カードローンは何を基準に選びますか

借金をするといっても何処で借りるのか、誰に借りるのか、いくら借りるのか、基準を設けないことにはキャッシング会社を選びきれません。
銀行系のカードローンは審査には時間がかかることもありますが、総量規制対象外ですので融資を受けられる確率は高くなります。
また上限金額が高いというメリットもあります。
低金利で選ぶという方法もあり、同じ金額を借りたとしても金利が高く返しても返しても金利で返済が終わらないということがあるのです。
貸金業であるキャッシング会社では金利がまともに設定されているので安心して借りることができます。
これはサラ金やヤミ金などと呼ばれているところに多く、注意が必要です。
即日でお金を貸してくれるところもあり、これはネットで契約をして審査までスピーディーに対応してくれるので今すぐお金が必要な人にとっては有難いシステムでしょう。
次は上限金額で選ぶのもおすすめで、総量規制は先にも述べましたがこれがキーポイントになります。
普通のローンは収入の三分の一までしかお金を融資することはできないので、年収が300万円の人なら最大で100万円が限度額ということになります。
そして、その規制が対象か対象外かで融資金額がかわります。
では対象から外れてしまうものといえば何なのか、それが一番気になるところです。
まずは住宅や自動車を購入する時は対象から外れます。
つまり大きな買い物をする時は対象にはならないと思っていて良いでしょう。
もちろんこれには担保がついてきますので、タダではありません。
担保がない人には高額融資はまずないと思っておいた方がいいですし、また銀行系ローンでは規制の対象なので借りることができません。
簡単に言うと銀行で借りるか、その他の金融会社で借りるかによっても総量規制は変わるということです。
銀行は貸し金を専門に行っているところではない為、住宅や自動車のローンをすることが可能です銀行系なら貸し金専門なので規制の対象になります。
また上限額が高いカードローンを選ぶと他に借金をしなくて済みますので、一本化でお金を借りる事が可能です。
最大で30万円としているところよりも50万円の方が、借金が他の会社にまわらないので、金利のことを考える必要もないでしょう。
お金は無限に借りられるわけではないので、自分にあった方法を選び、そして返すことができる分だけをお願いするのがとても重要なことです。
必ず返せる分だけを借りないと、後々返済をすることができなくなり、キャッシング会社や銀行のブラックリストにのってしまうことになります。
こうなってくると本当にお金が必要なときにどこへ行っても融資が下りることはありません。
計画的にとはテレビでもよく言われていることですが、これは本当にそうしないと自己破産になってしまう可能性だって捨て切れません。
何を基準にカードローン会社を選ぶかは年収や支出と相談してから決めるようにしましょう。

銀行のカードローン金利は信用枠次第

TVのCMで銀行のカードローンのCMを良く見かけますよね。
特に阿部寛さんのCMは全国ネットで放送回数もとっても多いからおなじみだと思います。
他のメガバンクでも、CM露出度は少ないですが、井上真央ちゃんとかを起用している銀行なんかもありますよね。
昔は銀行でお金を無担保で借入するとなると、審査が厳しく、審査期間にも何日もかかったり、総合口座に入っていないと貸してくれないとか、給与振込みに指定していないとだめとか、いろんな制約があったのですが、最近はCMでも強調しているように、口座なしでも審査してくれるし、消費者金融のキャッシングローン並みの速さで審査する銀行も多いんです。
例えば、阿部寛さんが出ているCMの銀行なんかは、各支店のATMコーナーの片隅にTV電話を置いて、そこで対面形式で審査を受けられ、審査が通れば仮のカードが発行され、そのままATMコーナーからお金を引き出すことが出来ます。
お給料日前に急にお金が必要になったときなど、預貯金がない方や、身近にお金を借りられるような親兄弟のいない方にとって、とても便利ですよね。
でも、最近は現行といっても、メガバンク4行をはじめ、地銀とか信金とかもあるし、ネット銀行でも、コンビニ系とか信販会社系とか、通販会社系、リース会社系などカードローンを実施している銀行の種類も様々です。
どの銀行から借入るのがいいのかは、人によって、条件もそれぞれなので、どれがいいとは断定してはいえませんが、ネット上には比較サイトなんかも多いので、目星がつけやすいですよね。
とくに自由化している借入金利は銀行間でもなかりの差が生じます。
でも、金利って、その人にその銀行がいくらまでなら貸してくれるかの信用枠次第なので、実際に審査を受けてみないとわからないんですよね。
例えばAという銀行はCMなどで金利5%から14%って謳っていて、銀行は6%から15%だったとしても、銀行Aが信用保証枠を10万円しか設定してくれなければ実際の借入金利は14%だし、もし銀行Bが保証枠を100万円にしてくれるなら、もしかしたら一桁%台で借りられるかもしれないし。
特に、3年以上に渡って、給与振込みとか公共料金引き落としに使っている口座を持っている銀行だと、信用枠を大きめに設定してくれる場合も多々あります。
だから、比較サイトはあてにはならないとは言いませんが、信用枠はあくまで借り手と金融機関の信頼関係にたって、決められますから、ただのスペックを比較するだけのサイトではそこまで見極めるすべもなく、永く付き合ってきた銀行のほうが条件がいい場合が多いのです。
逆を言えば、長年細々とはいえ口座を持って、給与振込みや公共料金支払い、預貯金してきたのに、いざ借りるとき、信用枠を最低に設定してくるような銀行だったら、縁を切って全てを他行に移すべきなのかもしれません。
カードローン用のカードは今、口座を持っている銀行なら、たとえ今、借り入れる必要がなくとも無料で作ってくれますから(中にはカード発行料をとる銀行もあるので要注意)、折を見て、作っておいて、信用枠をいくらに設定してくるか見極めるというのも一手ではないでしょうか。
もしかなりお取引実績があるにもかかわらず、最低の保証枠(10万円)をつけてきたときは、思い切って全取引、他行に移す行動に出るのも一手です。

カードローンとクレジットカードはどちらが便利か?

今や多くの人がクレジットカードを所有していて、
ショッピングなどを便利に快適に行っていますよね。
無料で簡単に作れますのできっと1枚くらいは所有していることでしょう。
クレジットカードを作るときにはあわせて最高金額を設定して、
キャッシング枠を設けている方も多いでしょう。
これがカードローンに相当するのです。
信販系のローンがこれに当たります。
もちろんカードローンはこれだけではありませんが、
信販系でキャッシング枠をお持ちの方は結構多いことでしょう。
万一に備えて作っておくのが一般です。
ただし商品を購入するときや食事をする際など、
多くのシーンではクレジットカードで対応出来るので、
あまりキャッシング枠を利用する方は少ないかもしれません。
しかしながら海外旅行などに出かけると、
買い物などの際にクレジットカードを受け付けてくれないお店や、
手数料をとるお店などもあるのでどうしても現金が必要になりますよね。
こうした際にキャッシング枠があれば、
海外のATMでも気軽に現地通貨が下ろせるので大変便利なのです。
これは日本にいても同じですよね。
地方などに行くといまだにクレジットカードが利用出来ないお店が結構あります。
こうしたときに手持ちがない場合には近くのコンビニなどのATMを利用すれば、
安心してキャッシングが出来ますので大変便利です。
カードローンは最近銀行なども参入しているので、
より便利になりましたし安心して使える様になっています。
ですのでカードローンのためのキャッシングカードも、
クレジットカードも両方所有しておくといざというときには便利ですよね。
クレジットカード利用の場合にはお店によっては、
翌月一括払いになってしまう場合もありますが、
ローンにしておけばリボ払いや分割払いも可能です。
ひとまず現金払いしておくのでその後の返済は、
ローンのメリットを生かせばよいのです。
これらの2つでは時にその利便性に差がない場合もあります。
ですのでその時々にあわせて利用すれば良いのです。
カードローンの強みは気軽に現金を手に出来ることです。
例えば飲み会やパーティーに参加するときには、
その支払いは幹事でもない限りはクレジットカードで支払うことが出来ずに、
現金を支払う必要がありますよね。
こうした際に手元に現金がない場合にはキャッシングを行っておけばよいのです。
IT系のローンを利用する際はすべての手続きがオンラインです。
ですので買い物などを行った際の支払いは、
いったん自分の口座に振り込まれた現金を、
そのまま支払先に送金することも出来るので、
安全かつ迅速に支払いを済ますことが出来るので大変便利ですよね。
ローンで気になるのは金利の支払いですが、
金融業者によっては1週間〜1ヶ月程度なら無利息で利用出来るので、
とてもお得に利用出来ると言えるでしょう。
例えば手元にお金がないときにいったんキャッシングをしておいて、
翌日あるいは数日内に返済すれば利息払いは不要です。
ですので生活の中でキャッシングとクレジットカードを便利に利用していきたいですね!

カードローンの仕組みを知ってから利用しましょう

毎日働いて月に一度お給料が支払われていても、お金に困ることはあります。
いわゆる所得よりも支出が上回る状態のことですが、例えばギャンブルにはまっている人は競馬やパチンコなど金銭をかけた賭け事はどっぷりとはまってしまうと抜け出すことが困難になります。
なのでどれだけ働いてもお金が残ることはありません。
またアルバイトで生活をしている人は不安定な事からいつ契約が終了するかもわかりませんし、時給が安く家賃で半分なくなる場合があります。
それに加えて税金を納めたり、健康保険から年金など会社が半分負担してくれないと生活をするだけでも大変です。
もちろん田舎に住めば物価は安くなりますが、その分働く場所がありません。
これではワーキングプアから抜け出すことが出来ず、将来も不安ですよね。
毎月少しでいいからお金を借りたい、そうすれば生活も楽になるのにと考えている人におすすめしたいのがカードローンです。
今までお金に困ったらまず初めに親に頼んで、それが無理なら親戚や友人などで、一度もカードローンをしたことがないという人は、まずは仕組みを知ってから利用しましょう。
これは読んで字のごとくなのですが、カードを使用してお金を融資してもらうことで、組めるところは銀行や消費者金融などのキャッシング会社です。
24時間受け付けているネットで申し込みをすればその日のうちにお金を融資してもらうことができますし、忙しい人や店舗に出向いてお金に困っているところを知人に見られたくないという人には嬉しいですね。
それでは普通のローンとカードを使った融資にはどのような違いがあるのでしょうか。
普通は「10万円借りたい」といえば審査を通った人ならそのまま契約をして、10万円の融資を受けられます。
これと逆に初めから上限金額を決めて、そしてその金額内であればいつでもお金を借りることができます。
分かりやすく例を出して見ると、上限金額が100万円とします。
そして50万円が必要になったので借りることにしました。
その後直ぐに20万円が必要になり、普通のローンならもう一度キャッシング会社に出向いて審査からはじめますが、カードなら残り50万円ありますのでその日のうちに引き出すことができます。
つまり100万円はいつでも自由に引き出すことが可能なのです。
もちろん借りたものは返済していかなければいけませんし、金利もつくので何パーセント(会社によって異なる)かは上乗せで返済しなければいけません。
ですが仮に70万円借りたうちの40万円を返済したら、また30万円借りることができるので結果的に最大60万円の融資をうけることが出来ます。
これはとても便利なローンで、一度審査に通って返済も計画的に行っていれば、上限金額内であればいつでもどこでも好きな時にお金を手に入れることができます。
本当に困ったときだけ利用するようにすれば、返済に苦しむこともありませんので、おすすめのローンです。

カードローンの機能をつけておくだけでいざというときに便利

今月は予算分全部お金を使ってしまってないのにもかかわらず、
突然の出費が・・・というときもありますよね。
でもそんな時に思い出してみてください。
ネットで買い物をするときなどにも便利なので、
みなさんの中にはクレジットカードを持っている方も、多いのではないでしょうか?
クレジットカードの中にショッピングの枠があり、そこで買い物をしている人がほとんどですが、
そのうちのいくらかはキャッシングの枠があり、カードローンとして利用することができます。
あまりお金に困ることがなかったり、物を買うときにカードを使えるお店ではあまり必要なないのでしっかりと見ていない方も多いのですが、
最初の契約の時に見ていて30万円ショッピングの枠があったら、
そのうち10万円は現金で引き出せるというのがあります。
申し込みのときにそれにもチェックしていると、今わざわざそこかでお金を借りる話をしなくても、
そのままATMに行くと借りることができます。
なので、どこかで借りる話をしなくてもいいのです。
そして一気に返済ができそうにないときにはリボ払いがオススメです。
電話などで話をすると、そのカード会社のオペレーターの方がリボ払いに変更してくれます。
私の持っているクレジット会社では自動音声で案内される番号を押して、
そのまま誰かと会話をせずに変更することができました。
少し利子はかかってしまいますが、法外な利子をつけられているわけではないので、
返済はしやすくなっています。
明細でもいくらまで返していて、あといくら返せばいいのかもわかるので安心です。
もちろんですが、ヤミ金融のように急に利子を上げてきたり、
明細もあるため、嘘もないので警戒しなくても借りることができます。
会社によりかもしれないのですが、私の持っているクレジット会社では、
提携している銀行やコンビニのATMからでも下ろすことができます。
特に、専用のATMでなくても、銀行のATMやコンビニのATMから下ろすこともできるので、
下ろしていても他人からは、いかにも借金を借りているようには見えないので気が楽です。
最近はそういった配慮のある会社も多いので助かっています。
もちろん、ボーナスなどが入ったり臨時収入があるときには早めに支払いをすると、
その分の利子はかからないので返済もやすくて済みます。
できる限り早く返済したいと考えている方も多いと思うので、
そういったことも覚えておくといいでしょう。
シュッピングの枠しか付いていない方は、
できればお金を下ろす枠をできるだけ付けておくと安心だと思います。
そうしておいて、本当にお金に困ってしまったときに利用してみてはどうでしょうか?
いざ何かあってもすぐにお金も借りることができますし、
返済も一気に全部でなくても少しずつリボ払いにできるので大丈夫です。
上手に利用することで使いすぎることもないですし、
いざというときには役にも立つ優れものですよ!

自営業専用のカードローンと総量規制

カードローンは一般ローンと、自営業者ローンに大別できます。
前者は一般的に宣伝されている商品であり、後者は自営業の方が利用するビジネスローンになります。
事業貸付の一種ですが、融資額は500万円程度までと少額になっております。
両者の性質は非常に似ており、融資額・金利に関しても特に違いは見られないため、自営業専用のローンを用意する必要はないと感じるでしょう。
しかし、両者には総量規制の適用に関する違いがあるのです。
一般的なカードローンの場合は、年収の3分の1までの借り入れとなります。
消費者金融、信販会社、クレジットカード会社などから借りる場合は、年収を3で割った金額までの融資となります。
銀行や信用金庫に関しては総量規制の対象外となるので、こうした制限は設けられていません。
ただ、無制限に借り入れできるわけではなく、あくまで返済能力の範囲内での融資になります。
自営業専門のカードローンの場合は、消費者金融、信販会社、クレジットカード会社から借りる場合も総量規制の対象外になるのが特徴なのです。
なぜ対象外になるかと言いますと、消費目的ではなく、事業資金としての貸付になるからです。
キャッシングではなく、事業貸付と考えたほうがいいでしょう。
もともと総量規制が適用となるのはキャッシング関連だけであり、クルマや住宅の購入、教育費の貸付などには適用とならないでしょう。
事業資金として借りる場合も目的ローンの一種になるため、総量規制によって制限されることはないのです。
こうして見ると自営業専用のローンのほうが便利に思えますが、用途は事業に限定されており、趣味・娯楽に使うことはできません。
これらの費用を事業費に含めてしまえば利用することは不可能ではありませんが、万が一判明してしまったときに信用を落とすことになります。
自由に使いたい方は通常のカードローン、事業目的ならば自営業者専用のカードローンを選ぶようにしたいものです。
事業資金は口座振込によって融資してもらう方法もありますが、利便性においてはカードがあったほうがいいです。
予想外の資金が必要となることは多いため、追加で融資を受けられたほうがいいのです。
利便性がよいと使いすぎ・借りすぎの問題が懸念されますが、これは自己管理をしっかりと行えば問題とはなりません。
金利については、15%~18%くらいとなります。
一般的なキャッシングと同じくらいであり、借入額においても最大で300~500万円くらいとなります。
利用は自営業者専用であるため、会社員や公務員、アルバイト、パート、自営などの方は利用できません。
返済は窓口はもちろん、口座引き落とし、専用・提携ATMで行うこともできます。
大手コンビニには提携ATMが設置されているはずですから、コンビニで買い物したついでに利用できます。
返済を急ぐ場合は、銀行振込によって返済できるので、コンビニが近くになくても返済可能です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ